カテゴリ: TOEIデモンタランドナー

レストアしたナショナルのデモンタからパーツを移設して組み立てていたTOEIのデモンタが完成しました。
2年待って納品されたTOEIのフレーム、その後なかなか組み立てが進まずにいつの間にか夏も終わってしまっていたのですが、ようやく完成しました。
イメージ 1

大部分のパーツはナショナルデモンタからの移設です。
クランクはTAシクロツーリストのトリプルクランク。50×40×28
一応バフ掛けしたのですがピカピカとはいってないかな
フィキシングボルトはショコラ工房加工品です
変速機はサンツアーサイクロンの3点セット
イメージ 2

Rディレイラーはロングゲージ。
フリーはシマノの15~28、私の貧脚を大いに助けてくれます。
イメージ 3

Wレバーは将来の変速機変更を見据えて直付けではなくバンド留めにしました。
イメージ 4

ホイールはハブをシマノ600からカンパヌーボティポに変更。
丸穴がランドナーぽくて好きな一品です。
イメージ 10

ハンドル周り。ブレーキレバーはグランコンペ。
唐草模様のアジャスターが特徴
イメージ 5

ステムもグランコンペ。
突き出しを65mmから85mmに変更しました。
フレームトップチューブの角度の違いでしょうか、前の自転車では遠く感じたハンドルバーですが、このフレームではこれで大丈夫です。
イメージ 6

フロントキャリアは自作してナショナルデモンタに使っていたものをこのフレームに合わせて改造、再メッキしました。
ブレーキはマファックコンペからレーサーに変更。
ブレーキシューもクールストップの赤に変更したのでよく効いてくれます。
イメージ 7

サドルバックサポーターもFキャリアと同じく改造の上再メッキして使用。
イメージ 8

サドルはキャンピングからイデアル90を移設。
ピラーは削りだしの一本ピラー、ヤグラが見えないのでいい感じです。
イメージ 9


ざっとこんな感じ。
これでまたまた輪行ツーリングの再開、今週末はとりあえずシェイクダウンして再来週(来週は別件があります)33ヶ所最終章の予定です。

デモンタに使うキャリアのメッキが上がりました。
以前からナショナルのデモンタで使っていたキャリアをトーエイのデモンタに合わせて改造、一旦メッキ屋さんで表面のクロームメッキをはがしてもらってから磨き、再びメッキ屋さんに持ち込んで再メッキしてもらいました。
2度もメッキ屋さんに行かなければならないですが手間をかけた分仕上がりは綺麗です。

イメージ 1

ついでにボルト類も再メッキしてもらいました。
イメージ 2

そして分かる人には分かるプチ工作。
クランクを組み付けるフィキシングボルトです。
オリジナルはこんな感じでボルトの頭がへこんでいるのですが
イメージ 3

そこを銀ロウで盛り上げ、整形してメッキ
こんな感じに仕上がりました。
イメージ 4

TAのクランクキャップの六角ボルト穴が駄目になってしまい、はずすときにキャップそのものをつぶしてしまったのでちょっと作ってみました。

さてこれで組み立てです。

山遊びばかりでぜんぜん進んでいなかったTOEIデモンタ。
ようやく動き出しました。
イメージ 1

ホイールは前後とも一旦ばらして組み直し。
イメージ 2

ハブはシマノ600からカンパのヌーボティポに装換
イメージ 3

キャリアは前のデモンタからの移設。
そのままでは合わないので一旦足をはずし、位置合わせして再度溶接し直しました。
イメージ 4

サドルバックサポーターは前のデモンタとはフレームへの固定方法が違うので、一部をばらし加工のやり直し。シートステーのダボに止める足を追加。
イメージ 5

一応、キャリアのロー付けは終わったので磨いてメッキに出します。
次はマッドガードの取り付けと駆動系の磨き、組付けですね。

暑い暑いと思っていたらいつの間にか秋、早くしないと冬になってしまいそうです。

↑このページのトップヘ