2018年03月

春一番が吹き、本格的なサイクリングシーズンの到来です。
今回は「<す>的なCYCLING」らしいルートで、狭いエリアをじっくりと探索します。
穴虫界隈は、かつて火山だった二上山東麓にあり、金剛砂の採掘で栄えました。また穴虫峠から続く長尾街道の要所でもあり、細い路地道に並ぶ重厚な旧家が当時をしのばせます。

こんなお誘いがあって昨日25日は、スミ旦那さん主宰の輪音の会ランに参加してきました。

朝9時に柏原市役所前の駐車場に集合、この会はいつも盛況で今回も15名以上の方が参加されました。
イメージ 1

スミ旦那さんを先頭にR165沿いに裏道を駆使し関屋越えへ
と、走ったところがわかったのはここまで。迷路のような道をクネクネで結局どこを走っているのかほとんど覚えていません。

こちらは古い石の道標、近くの村の道路元標までの距離などが記されていました。
イメージ 2

案内にもあったように穴虫の集落には古い建物がたくさん残されています。
イメージ 3

そんな建物を古い路地を縫うように走ってまわります。
イメージ 4

大坂山口神社
イメージ 5

このあたりは相撲発祥の地ということで奉納相撲が行われていたそうです。こちらは観覧用の桟敷席
イメージ 6

立派な旧家
イメージ 7

ノスタルジックな路地
イメージ 8


イメージ 10

塀の土台の石積に開けられた排水口、オシャレですね
イメージ 9

お昼はコンビニで弁当を買って香芝市役所横の公園(今池親水公園)で頂きました。
イメージ 11

公園の桜も結構咲いています。
イメージ 12

昼食後は全員で記念撮影、カメラマンは大変です。
イメージ 13

阿日寺。天皇家にゆかりのあるお寺のよう。
イメージ 18

お寺の横の路地には春が。
イメージ 14

最後は当麻寺を散策
イメージ 15

お昼になって気温が上がり、桜も間もなく満開かと
イメージ 16

午後3時頃には全員無事に柏原市役所に戻ってきて解散となりました。
イメージ 17

寒かった今年の冬もようやく終わりで、昨日は暖かい一日となりました。
おかげで顔は日焼けで真っ赤です。
でも、大勢の方達と一緒に走るサイクリングは楽しいもの、機会があればぜひまた参加したいと思います。
ご案内いただきましたスミ旦那さん、ありがとうございました。

昨日11日は毎年恒例のカキオコポタで備前市日生へ出かけてきました。
今回は他のイベントと重なったため7名と少なめの参加者。
しかし案内する方としてはこれくらいの人数の方が何かと楽です。

大阪発朝8時の新快速、途中1回乗り換えで10時過ぎに日生に到着。
京都から車で参加の3名と合流してすぐに出発です。
イメージ 1

最近日生のカキオコも有名になってお店はすぐに一杯になってしまいます。
とにかくまずはおなじみの福来(フクロウ)さんに直行、11時前に店に入ることが出来ました。
イメージ 4

で、まずは牡蠣の鉄板焼き。プリプリの食感は絶品ですね。
イメージ 2

そして目当てのカキオコ、横から牡蠣がはみ出している。
イメージ 3

カキオコに満足した後は地元の海鮮市場「五味の市」へ
イメージ 5

向いのバーベキューサイトは超満員、順番を待つ人で長蛇の列です。
イメージ 6

しばらくぶらぶらした後、次は片上鉄道廃線跡を使った自転車道「片上ロマン街道」に向かいます。
イメージ 7

西片上からロマン街道へ
イメージ 8

しばらく上り勾配の道を走って「峠清水トンネル」に到着
イメージ 9

トンネルを抜けて少し走ると清水駅跡
イメージ 10

1時間ほどのんびり走ってJR和気駅を過ぎたところにある鉄橋、この日はここで折り返しました。
イメージ 11

途中まで着た道を戻り次は備前焼の町「伊部」にある「衆楽館」という古民家カフェでお茶にします。
イメージ 12

たくさんの焼き物にかこまれてマッタリします。
イメージ 13

ここを訪ねた目的は醤油ぶっかけアイス。
そえられたワサビがアクセントになってとっても美味です。
イメージ 14

マッタリした後は少し伊部の町を散策して日生に戻り解散となりました。
イメージ 15


この地を訪ねるようになってもう10年ぐらい、年に1~2度でメンバーも色々変わってきましたが日生の牡蠣の美味しさは変わらないですね。
今回お付合いいただいたMさんも昨年ここで牡蠣を食べて、それまで食べれなかった牡蠣のファンになってしまった一人です。
本物は美味しい、そういうことなんでしょうね。
今年のシーズンもそろそろ終わり、次はまた来年かな?

↑このページのトップヘ