2016年11月

イメージ 1

昨日27日はなんとか都合が付き、今年は無理かと諦めていた串柿の郷(和歌山県かつらぎ町)に出かけてきました。
この時期、お正月のお飾り用の串柿作りが最盛期を迎えるこの地域。
道の脇や家の軒先にたくさんの串柿が吊るされ、オレンジ色の暖簾が集落を飾る景色を楽しむことが出来るのです。

今回も同行いただいたのはclickさん。
前日に連絡を取ったにもかかわらず、快くご一緒していただきました。

南海天下茶屋駅から輪行。
私はその前にいつもの様に近所の住吉大社に寄って道中の安全祈願です。
最近なんだかこれが当たり前になってしまって、お参りせずに出発すると不安になってしまいます。
イメージ 2

8時過ぎの電車で天下茶屋駅から河内長野駅まで輪行。
9時過ぎに出発しました。
イメージ 3

途中、駅近所のスーパーでお昼の弁当を買いってまずは滝畑ダムを目指します。
イメージ 4

ダムからは湖岸道路を遡上。
イメージ 5

バックウォーターを過ぎると道は勾配を増し、蔵王峠に。
イメージ 6

出発から2時間程で蔵王峠に到着。
イメージ 7

さらに登りが続いて堀越観音へ。
この日は本当によい天気。
境内の色付いたイチョウの黄色が青い空をバッグに映え、本当に綺麗です。
イメージ 8

少し早いですがここで昼食。
いつものようにコンビニ弁当ではなくスーパーで買った弁当。
なんだかいつもより豪華です。
イメージ 9

昼食を終えて出発、少し下ると中畑の集落。
残念ながら少し遅かったようです。
吊るされ始めた頃は鮮やかなオレンジ色の柿も時間とともに乾燥して鮮やかさがなくなってきています。
イメージ 10

急な下りを下り、東谷から再び登りで定福寺のある大久保の集落に向かいます。
ところがこの道が半端ない劇坂、それもずっと同じような登りが続きます。

神野との分岐にあるもみじ公園で一休み。まだまだ登りは続きます。
イメージ 11

ようやく大久保の集落。
ここの吊るし柿ももう完成間近のようです。
イメージ 12

乾燥して小さくなり出荷間近と言ったところでしょうか。
イメージ 13

でも柿畑にはまだまだたくさんの柿が残されていました。
この辺りはもう収穫しないのでしょうかね。
イメージ 14

お土産にあんぽ柿を一パック購入。
イメージ 15

やっとのことで定福寺に到着、足がパンパン大休止です。
イメージ 16

この辺りはこの地域でも一番標高の高い位置にあり、高野山や大峰山系の山々を望むことが出来ます。
イメージ 17

さらに劇坂、劇坂を登って尾根道に出れば後は緩い下りで鍋谷峠。
あとは豪快に下って終了です。
イメージ 18

ノンストップで一気にと言いたいところですが、一応ここだけは止まってチェック
イメージ 19

このまま外環まで下って予定終了。
clickさんは和泉中央から輪行で、私は時間がまだ早かったのでそのまま走って帰りました。
ここ数回のツーリングや山歩きは生憎のお天気だったのですが、この日は本当に素晴らしい天気で気持ちのよいサイクリングを楽しむことが出来ました。
急なお誘いながらご一緒いただいたclickさん、本当にありがとうございました。
年内にもう一度走れるかどうか分からないですが、またよろしくお願いします。

今回走ったコースはこんな感じです。(地図をクリックするとルートラボにリンクします。)
イメージ 20


昨日23日はようやく完成したタンデム自転車のシェイクダウンを兼ねて京都のアイズバイシクルさん主催のタンデムラリーに参加してきました。
急に寒くなってあいにくのお天気ながら7台のタンデム自転車と10台のソロ自転車で丹波路のサイクリングを楽しんできました。

京都府南丹市の某所に午前10時半に集合、まずはこの日参加のタンデムを並べて記念撮影です。
エルス 2台、トーエイ 3台、ジャックテーラー 1台、ペガサス 1台
素晴らしいラインナップ、これだけのタンデムがそろうことはそうそう無い事ですよね。
イメージ 9


出発までの間、ソロで参加されて方達も交えて歓談。
イメージ 1

そして試乗。普段なかなか乗る機会のない自転車だけに顔は真剣です。(笑)
イメージ 2

丹波路の周回コース、タンデムにソロも交えて17台の自転車が疾走しました。
イメージ 3

お昼は丹波ワイナリーのレストラン。
途中メカトラブルで1台がリタイヤしたものの予定通りに到着。
イメージ 4

パラパラと小雨が降っていたので自転車は雨のかからないようテントの下へ。
なにせこの日参加の自転車を全部合わせると一戸建ての家がかるく建つぐらいの値段がしますからね。
イメージ 8

ちょうど新酒の時期、ヌーボーが並んでいます。
もちろん帰りにはお土産に買いました。
イメージ 5

メニューは地元産の食材を使ったコース料理。
ンー、飲めないのがとても残念!
ストーカーは飲んでも大丈夫かどうか、、、とか、楽しいおしゃべりをしながら食事は進みました。
イメージ 6

食事の後、弱い雨が続いていたのでコースをショートカットして出発地に向かい、近くの古民家カフェでお茶をして4時に出発地に戻りました。
イメージ 7

これで無事ペガサスタンデムのシェイクダウンが修了。
大きなトラブルはありませんでしたが、走行中どこからか異音がしたり、ブレーキが非常に重かったりでもう少し調整が必要なようですね。
あとはサイドキャリアや電装関係の整備、もう少し手を入れてより乗りやすい自転車にしていければと思います。

皆さんの本当に素晴らしいタンデムを目の前にして、出来たばっかりなのに、、、です。
ご案内頂いたアイズバイシクルの親方さんをはじめ皆様、ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。

今回はペダルです。
以前にも書いたようにこのタンデム自転車の駆動系はタンデム用のクランクセットではなく、普通のクランクセットが使われていました。
そのため左側の前後をつなぐクランクも含めチェーンリングが付く方のクランクは右用、リングが付かないものは左用のものが使われています。
つまりペダルも右用が3つ、左用が一つ必要ということになるわけです。

もとはリオターのプラットホームが付けられているのですがさすがに経年変化で痛みが激しいのと、このペダルはクリップが必要で、クリップの使えない家内にはちょっと無理なので新調する事にしました。
イメージ 1

3セット買って左用2個を使わないというのも面白くないのでヤフオクを眺めていたのですが、うまい具合に右用のみが出品されていて、少し値段は気になりましたがすぐにポチっておきました。
イメージ 2

と言う事で三ヶ島のシルバンツーリングを2セット購入
イメージ 3

まずはヤフオクで落とした右ペダルをばらし、シャフトを取り出します。
イメージ 4

同じように新しく購入した左用もばらし、シャフトを右用と入れ替えれば右用ペダルの完成。
イメージ 5

無事取り付ける事が出来ました。
イメージ 6

余ったパーツも組み立てて左用ペダルの予備に回します。
イメージ 7

F変速機は結局手に入らず、持ち合わせのクリテリウムにしました。
後ろ同様白くなった樹脂部分は樹脂保護材でお化粧ののち取り付けることに。
イメージ 8

さあこれでほぼパーツが揃いました。
あとは組み立て、がんばろーと!
ということで、完成しちゃいました。
この週末こねこねと組み立てて完成、詳しくは後日報告します。
イメージ 9

↑このページのトップヘ