2016年03月

昨日20日はスミだんなさんのお誘いで奈良の下ツ道、上ツ道などの古道を巡るサイクリングに出かけてきました。
いつもの様に行くところいくところでプロのガイドばりのスミだんなさんの解説にうなずきながら10人を超える大人数での楽しいサイクリングでした。

朝9時に柏原市役所に集合
イメージ 1

総勢10人で大和川沿いの道を走って行きます。
イメージ 2

潜水橋を渡ったり
イメージ 3

お地蔵さんに寄り道、「油地蔵」と言うそうでお地蔵さんは油まみれでした。
イメージ 4

そして古道へ、まずは下ツ道で南下。
イメージ 5

鏡作神社
イメージ 6

スミだんなさんによる丁寧な説明
イメージ 7

田原本にある旧家の建物
イメージ 8

味のある看板がかけられています
イメージ 9

JR畝傍駅で2名の方が合流。
この駅はかつてお召し列車が停車した駅で、皇室の方達が利用する貴賓室があったそうです。
イメージ 10

下ツ道と横大路の交差点、八木札の辻
イメージ 11

ここはお伊勢参りへのサイクでも通るところ。
でも中を見学したのは始めてでした。
イメージ 12

この後はスーパーでお弁当を仕入れ、藤原京跡に移動して昼食です。
イメージ 13

食事が終わったところで皆で記念撮影
イメージ 19
photo by cancan

昼食後、今度は上ツ道を北上して天理を目指します。
卑弥呼が埋葬されていると言われる箸墓古墳
イメージ 18


戦艦大和の名前の基になった大和神社
イメージ 14

昔のアーケード、丹波市跡
イメージ 15

天理駅近くで西に向かい天理軽便鉄道の跡をたどります。
池の中に残る路盤跡を見学
イメージ 16

中央部の切れ目にはレンガの橋台が残ります。
イメージ 17

これで古道サイクの予定終了。
JR法隆寺駅、王寺駅で帰られる方と分かれ、出発地の柏原市役所駐車場に5時頃に帰ってきました。

今回のコースはこれまでも何度か走ったことのあるところでもあったのですが、大勢でしかも解説付きでのサイクリングとなるとまた違った楽しさがあるものです。

ご一緒いただきました皆様、お疲れさまでした。
下調べから下見、そして解説をしながら案内いただきましたスミだんなさん、楽しいサイクリングの機会を本当にありがとうございました。
また、参加させていただきたいと思いますのでこれからもよろしくお願いします。



毎年この牡蠣シーズンに出かけていたカキオコポタ、「毎年、毎年一人で行っていて私はまだ本物を食べたことがない」という家内のリクエストで2人で自転車を担ぎ、岡山県日生へ輪行ツーリングに出かけてきました。

9時大阪駅発の新快速に乗るため8時前に自宅を出発。
2台の自転車を私一人でばらさないといけないので少し余裕をもって出たのですが、とりあえず順調に行って1本早い新快速に乗ることが出来ました。
イメージ 1

まずは姫路で乗り換え。
1本電車が速いので次の電車まで20分ほど時間があります。
そこでこれ、姫路のえきそば!
なんてことない中華そばなんですが、ここで食べるとなぜだか美味しい(^0^)
イメージ 2

この後、播州赤穂でもう一度乗り換えて11時前に日生に到着。
自転車を組み立てて出発です。
イメージ 3

1キロも走らないうちに馴染みのお好み焼き屋さん福来(ふくろう)に到着
以前に時間が遅くなったため、カキオコを食べれなかったと言う教訓から何はさておいてまずはカキオコです。
イメージ 4

2人ともカキオコを注文、せっかくなので牡蠣の鉄板焼きもいただきました。
近所のスーパーで売っている牡蠣とは大違い、焼いても小さくならずプリプリです。
イメージ 5

牡蠣の鉄板焼きを楽しんでいるうちにカキオコも運ばれてきました。
いつもながらたっぷりと牡蠣の入ったお好み焼きに初体験の家内も感激!
イメージ 6

美味しくいただいてお腹がふくれたところで次は日生漁協の五味の市へ
イメージ 7

ここで東京に住む長女に牡蠣を送ります。とにかく安いですね。
イメージ 8

日生での予定はこれで終わり。
ふくれたお腹のカロリー消費のため、赤穂御崎までサイクリングです。
昨年完成した日生大橋。形状の美しい斜張橋です。
イメージ 9

日生運動公園の横を抜けて海岸線に出ると牡蠣筏の浮かぶ日生湾。
イメージ 10

お天気が今イチなのがホント残念
イメージ 11

私の一押しの日生マリーナ沿いの道。
うちわだの瀬戸を見下ろすこの道、お天気がいいと海面がキラキラ光って本当に綺麗なんですけどね。
イメージ 12

赤穂市を抜けて赤穂御崎に向かいます。
ふと目に止まった河津さくらの咲く赤穂城南公園で一息
イメージ 13

日生からのんびり2時間弱で赤穂御崎に到着。
鳥居越しに海の見えるところ
イメージ 14

ここまで走ってきた目的の一つはこちら。
「さんぽう」でのティータイム。
昨年は大人数だったためここでケーキを買って海沿いの東屋でティータイムにしたのですが、昨日は10席ほどしかない席が空いていたので待たずにティータイムが出来ました。
イメージ 15

海の見える席でほっこり。
黒豆の穀琲と煮リンゴのルレ、その美味しさに家内も満足してくれたようでした。
イメージ 16

これで予定終了。
ちょっとだけ赤穂城跡に寄って駅に向かいます。
イメージ 17

3時半頃に赤穂駅に到着、これで本日の予定終了。
イメージ 18

自転車をばらし、4時過ぎの発の電車で大阪に帰りました。
イメージ 19

例年、自転車仲間と出かけていたカキオコポタですが今年は予定が合わなかったり天気に恵まれなかったり、また家内のリクエストもありまして2人で出かけることになりました。
まあ、一度瀬戸内の綺麗な海を見ながら自転車に乗ってもらえたらと思っていたので良い機会になったと思います。
輪行は一応うまくいったので、次は桜の頃の湖北、海津大崎辺りのポタリングなんかに出かけたいところですね

先々週のインフルエンザから続いた風邪もようやく癒えて、昨日は以前から一度行ってみたかった六甲山に登ってきました。
確かな記憶ではないのですが前回登ったのは小学生のときなので、およそ半世紀ぶりでしょうか。

昨日は夕方から雨との天気予報だったので、家を5時半に出発。
地下鉄、阪急と乗り継いで7時前に芦屋川駅からスタートです。
イメージ 1

高座川沿いから住宅街を抜けて高座の滝に向かいます。
イメージ 2

間もなくロックガーデン入り口
イメージ 3

そして高座の滝。高さ10m少しの2段の滝
イメージ 4

そこから回り込むように上に上がるとロッガーデン
イメージ 5

大きな岩の山を登って行きます。
イメージ 6

1時間ほどで風吹岩
イメージ 7

こちらが風吹岩。
イメージ 8

登山者の声を聞きつけて可愛い住人が登場。
めちゃめちゃ人懐っこいです。
イメージ 9

そして眼下にはすばらしい景色が広がります。
イメージ 10

10分ほど休憩して出発、間もなく猪除けの柵を抜け
イメージ 11

小さな渡渉があったりして
イメージ 12

登山口から3時間ほどで一軒茶屋に到着
頂上(最高峰)までもう少しです。
イメージ 13

10分ほどで山頂(最高峰)に到着、風が結構強いです。
イメージ 14

少し霞んでいますが絶景、大阪湾は見えていますが大阪市内のビルは霧に浮かんでいるよう。
イメージ 15

西六甲と明石方面
イメージ 16

頂上から少し下ったところにある東屋でお昼にします。
この日は芦屋川駅前のコンビニで買ってきたお弁当。
山の上で食べるとこれもごちそうです。
イメージ 17

昼食を終え、しばらく休憩してゴールの有馬温泉に向かいます。
住吉道と言われる明治時代に国鉄住吉駅と有馬温泉を結んだ古道。
往時は馬車や篭に乗った人が有馬温泉を目指して行き来したそうです。
イメージ 18

山頂から1時間ほどで有馬温泉に到着。
休憩を含め5時間ほどの山歩きでした。
イメージ 19

炭酸泉の泉。温かいのかと手を入れてみたらめちゃめちゃ冷たかったです。
イメージ 20

温泉街はなかなかの人出でにぎわっています。
イメージ 21

当然のことですが温泉でまったり。
バス停近くにある金の湯に入りました。
イメージ 22

温泉で暖まり、気持ちよくなって出てくると目の前には昼から営業しているBarが
イメージ 23

車でも自転車でもないので当然ですがいただきました。
イメージ 24

あとは予約したバスの時間まで温泉街をぶらぶら。
揚げたての神戸牛コロッケは絶品でした。
イメージ 25

有馬温泉に着いてすぐにバスの予約を入れたので14時の大阪駅行きに乗ることが出来て、なんと45分で大阪駅に到着。
途中道路が混んでなかったこともあるのですが、4回以上乗り換えないといけない神戸まわりの電車と比べてホント楽ちんで帰って来ることが出来ました。
おまけに乗り換えが無いので着くまで熟睡、山歩きにはもってこいの交通手段です。

心配したお天気も早出したおかげで雨にも遭わず、快適な山歩きの一日でした。
ただ、病み上がりと言うこともあるのでしょうか、登りはかなりしんどくて、先週の自転車に続き体力の低下をひしひしと感じてしまいました。
今年も出かける予定の夏山に向けてちょっと真剣に体力作りに励まないといけない、そんなことを感じた一日でした。

↑このページのトップヘ