2013年10月

昨日はたくさんのお言葉ありがとうございました。

それで、今日早速かかりつけのお医者さんに紹介状を書いてもらい、最寄りの病院の整形外科に診察してもらいに行ってきました。

これが私の腕のMRI画像。
レントゲンでわからなかったはずの亀裂がはっきり写っています。
イメージ 1
結構大きな亀裂で骨自体もずれているように見えますよね。

ただ整形外科医の見立てては骨のずれはないようなので、とりあえずはこのまま放っておいても大丈夫だそうです。
ただ、やはり関節の方が動かさないといけないとのことで週2回程度、リハビリに通い、指導を受けて家の方でも動かすようにしてくださいとのことになりました。

ボルトで固定する手術など大げさなことにならず、とりあえずはほっと一息です。

まあ、痛みの方も一時に比べればかなりましにはなっているので、あとは時間をかけてじっくり直すと言うことなんでしょう。

突然のことで一時はどうなるか、ほんと心配したのですが、まあ、こんな顛末と言ったところです。

ほんと皆さん、ご心配かけて済みませんでした。
あと、治療にどれくらいかかるかわからないですが、焦らずぼちぼち行きたいと思います。
全快の折にはまた一緒に走っていただけるよう、よろしくお願いします。

今日はとってもブルーな一日でした。

9月の初め、青山高原のサイクリングの際に転倒して痛めた肩。

一日も早く治してサイクリングに行きたい一心で毎日まじめに医者に通い、理学的な処置をしてもらってそれなりに効果があったのか症状もだいぶ良くなっていたんです。

最初は動かすこともままならなかった腕も次第に動かせるようになり、自分的には11月になればまた走れるようになるかななんて考えていたんです。

ただいつまでも残る痛みに、レントゲンでは見つからないけどとりあえずMRIで精密検査した方がとのかかりつけの医者のすすめで一昨日大きな病院でMRI検査を受けてきました。

結果は昨日にかかりつけの医者に送られ、それを聞きに今朝行ってきたんですが、なんと骨折していると言うことがわかってったんです。

腕の骨の骨頭部が衝撃で裂けるように縦に割れ、少しずれたようになっているとのこと。

結局、それが原因で腕を上げると痛みが出ていたようです。

とりあえずギブスをして動かなくしてしまうと後のリハビリが大変なのでそのままにして後はボルトで骨自体を固定してしまう方が良いかは整形外科の医者と相談してみましょうとのこと。

もうそろそろ治るかなと思っていた矢先にこの結果を聞いて、今日は一日とってもブルーになってしまいました。

まあ、ボルトで固定でも何でもいいのでとにかく一日も早く治ってほしい、ただ願うはそれだけなんです。

11月になれば走りに行けるかななんて思っていたのに、ほんとアーァです。



今週末、3連休前半の12、13日と恒例のCancanさん主催「月うさぎキャンプ」に参加してきました。
お天気に恵まれ本当に楽しい2日間でした。

本来このキャンプを目指して鋭意制作してきたキャンピング車も完成し、4サイドに荷物満載で自走参加の予定だったのですが、残念ながら8月末に転倒で痛めた肩の調子がなかなか良くならず、結局自転車やキャンプ道具を車に積んでの参加となってしまいました。

折角組み上がったのに本当に残念、次回こそと言うことで今回はキャンプそのものを楽しむことにして、オートキャンプ用の大きなランタンやツーバーナー、大型のコッフェルまで持参しての参加です。

朝医者で肩の関節注射と、スポットレザー?(俗にいう電気)を当ててもらってから出発。
途中食材などを買いながら現地に向かいました。

自転車で走ると1日かかる距離ですが、車だと2時間ほどで到着。
既に、数名の方が到着されており、その方たちの張られたテントの横に私もテントをはらせていただきました。
すると早速ここの住人が挨拶に
イメージ 1

お茶などしながら、次々到着される方達をお出迎えし、夕刻には皆さんと車で近くの「たかすみ温泉」に行ってさっぱりします。
イメージ 2

キャンプ場に戻ると時刻は5時過ぎ。
山は日の暮れるのが早いですね。
イメージ 9

早速夕食の準備
みなさん、それぞれ材料を持ち寄り、なにか1品を作って振る舞うのがルールです。
イメージ 10

オードブルに薫製や焼豚、メインはパスタやおでん、特性ソースの豚の生姜焼きに焼き肉、そして栗ご飯まで、あとはおつまみに銀杏や栃の実など次々と出て来る料理はまさに森のレストラン状態です。
そんな中、今回私は鍋持参でパエリエとデザートに焼きバナナを用意しました。

イメージ 16

食事の後は積まれた薪に火がかけられキャンプファイヤー
大人ばかりのキャンプファイヤー、皆さんの手にはワインや日本酒、そしてビール。
本当に楽しい時間が過ぎて行きました。
イメージ 11

でも参加者の方達は皆さん紳士、淑女です。
羽目をはずして夜中まで大騒ぎするような人はいません。
12時頃には火も消えて、自然と皆さんテントに入られてお休みになりました。


翌朝、この日もとてもよい天気。
小さなソロテントが並ぶサイトに日が射してきました。
イメージ 12

朝食をとりながらまったりとした時間を楽しみます。
イメージ 14

乾燥のために入り口を開けてあったテントには住人がちょっとお邪魔しています。
足跡が(マットに付いているしみは濡れていた地面を歩いてきたシミで、決して〇〇ではないですよ)
イメージ 13

この日はお昼からキャンプ場のある東吉野村周辺のポタリングがあります。
その前に少し早い昼食。
今話題の「いなばのタイカレー」を少しアレンジしてみました。
イメージ 15

昼食後、日帰り参加の方達も到着され、20数名で村内周回ポタに出発。
イメージ 3

先頭を引かれるのはまもなく80歳を迎えられる鉄人児玉さん。
本年の走行距離ももうすぐ20,000kmを越えられるそうです。
イメージ 4

途中にあったコスモス畑。
先週まで30度を越える暑い日が続いていたのですが、ここにはちゃんと秋が来ています。
イメージ 5

川沿いの道を20名以上のサイクリストが連なって走って行きます。
イメージ 6

途中にある丹生川上神社では秋祭りが行われていました。
イメージ 7

そして高見山が綺麗に見えるところで記念撮影。(写真はcancanさんから拝借)
イメージ 17

この後10kmほどの渓流沿いの気持ちよい道を走って月うさぎに戻りました。
月うさぎではロータスの自動車の集まりがあったようで駐車場に珍しい車が並んでいました。
イメージ 8

楽しい月うさぎキャンプ、本来は2泊3日なんですが14日に仕事があるので私はこれでおしまい。
自転車や荷物を車に積み込んで後ろ髪引かれる思いで帰路につきました。
今回は残念ながらキャンピング車で走っての参加と言うのはかないませんでしたが、本当に楽しい時間を過ごすことができました。

お世話いただいたcancanさんはじめ参加の皆さん、ありがとうございました。
次はまた春?、次回こそ自転車で走って参加、ぜひ実現させたいです。

↑このページのトップヘ