2012年11月

連休最終日の25日はRRCBの方たちのノーパンタランというツーリングに参加させてもらってきました。
ノーパンタラン、決してパンツを履かずに走るノーパンランではありません。(なかにもそういう方がおられたそうですが)
現在使われている自転車の変速機はそのほとんどがパンタグラフ構造のものなんですが、そうではないそれ以前の古~い変速機を使った自転車で走ろう! というのがこの日のテーマの集まりだったのです。
(残念ながらノーパンタ自転車を持っていない私はクラシックレーサーで参加しました)
 
朝9時30分に木津川にかかるR24泉大橋近くの河川敷駐車場に集合。
しばし自転車談議の後、山口さんの企画、ご近所さんのまえださんのコースリーダーで出発となりました。
イメージ 1
 
今日は大した距離ではないポタリングということで、みなさんのんびりとノーパンタグラフ変速機の自転車を楽しむように走られています。
イメージ 7
 
そして少し走っては止まって自転車談義
イメージ 8
 
最初に訪ねたのがグローバー牧場
牛舎をバックにノーパンタ自転車の写真撮影。どことなくフランスの牧場を思わせるよう・・・な気がしました。
イメージ 9
 
せっかくなので牧場自家製のヨーグルトをいただきます。
ミルク感たっぷりの濃厚ヨーグルトでした。
イメージ 10
 
ここでも自転車談義に花が咲き、かなりの時間を費やして次の目的地、浄瑠璃寺に向かいます。
晩秋の木漏れ日が指す道、ノーパンタ自転車の一団が走っていきます。
イメージ 11
 
とてもポタリングとは言えないようなきつい上りの道を走り、11時過ぎに浄瑠璃寺に到着。
混雑する前に食事を済ませましょうと門前の「あ志び乃店」という食事処に入りました。
イメージ 12
 
イメージ 14
 
鍋焼きうどん定食を注文、なかなかのお味とボリュームで満足でした。
イメージ 13
 
食後は皆さん連なって浄瑠璃寺へ。
ちょうど紅葉が見頃とあって色とりどりの木々が目を楽しませてくれます。
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
しばし紅葉を楽しんで次は岩船寺に向かいます。
途中かなりきつい坂を登ってなんとか到着。
でもここではお寺を見にはいかずに門前の茶店でお茶と草餅で自転車談義。
イメージ 5
 
先ほどのきつい上り坂を登ったあとも30分近く自転車談義があったのにここでもまたまた話に花が咲きまました。
まあ、珍しい自転車が何台も集まったのですから話のネタには事欠きません。
みなさんの知識に感心しながら聞き入るだけの私でした。
 
このあとは豪快にダウンヒルを下り、一気に出発地の木津川へ、といきたいところだったのですが一人の方のタイヤのビートを包むゴムが裂け、バースト。
古い古い変速機がどうもなかったツーリングなのに新しいタイヤがトラブルを起こすという皮肉なことに。
結局修理不能でコースリーダーのまえださんが一旦車を取りに行ってピックアップ。
残りの人たちは自走で集合場所に戻りました。
 
最後は集合場所でカフェをして4時前に解散となりました。
それはもう雑誌でしか見たことのないような変速機がずらりと揃い、3連休で一番良い天気も相まって本当に楽しい一日を過ごさせていただきました。
企画していただいた山口さん、コースを先導いただいたまえださん、その他ご一緒いただいた皆様ありがとうございました。
 
それではこの日参加のノーパンタな自転車を紹介しておきます。
このあたりは私の守備範囲外なのでとりあえず写真のみの紹介です。
 
UG兄さん
イメージ 6
 
イメージ 15
 
てっちゃんさん
 
イメージ 16
 
イメージ 20
 
ofはやまさん
イメージ 21
 
イメージ 22
 
白栖窟さん
イメージ 23
イメージ 24
 
山口さん
イメージ 25
 
イメージ 26
 
えべっぷりさん
イメージ 27
 
イメージ 17
 
BLKさん(ロッド式)
イメージ 18
 
イメージ 19
 
いやー、ほんと目の保養になりました
 

この連休、家内と木曽に遊びに行く予定をしていたのですが、先週行った大腸ポリープの事後検査で新たなポリープが見つかり切除。1週間の安静。
その上、長女が1週間以上40度近い熱が続いていて、家内はそちらの方に行かないといけないとかで結局中止になってしまいました。
幸い長女の熱も下がり、私の方も経過良好で安静の1週間が過ぎてせっかくの連休なのでどこかへということで、紅葉を見に明日香村をポタリングしてきました。
 
本当なら先日改装したミキストとランドナーで行きたいところだったのですが、連休は中止ということだったのでハイエースの方を点検に入れてしまっており、この日の車はシエンタです。
自転車をばらして載せるのは面倒なのでBD-1とDAHON Mu8でのお出かけとなりました。
 
橿原神宮近くの橿原運動公園の駐車場に車をデポ、自転車を組み立てて出発です。
イメージ 1
 
橿原運動公園はちょうど橿原神宮の裏に当たるので、橿原神宮の中を抜けて表側の参道へ
この日は七五三参りをするかわいい子供がたくさん見られました。
イメージ 2
 
次に向かったのが甘樫丘。明日香村内にある小高い丘で万葉集にも登場するところ。
国指定の公園として整備されています。
入口をはいると色鮮やかなもみじが迎えてくれました。
イメージ 8
 
イメージ 9
 
ここで昼食のため一旦ここを離れ、飛鳥寺の前を通って石舞台の方に向かいます。
本当は奥吉野の「さらら」というお店でランチの予定だったのですが、電話を入れてみるとこの日は貸切とか。
それで目指したのが飛鳥寺前の「山帰来」というお蕎麦屋さん。
ところが言ってみるとここは臨時休業とのこと。
あてもなく石舞台方面に走って、途中見つけたお寿司屋さんでの昼食となりました。
 
昼食後は再び甘樫丘に戻って散策
色づいた木々の中を歩いて頂上の展望台を目指します。
イメージ 10
 
そして頂上の展望台。
万葉集にも登場するこの甘樫丘。いにしえの人々も同じ風景を眺めていたのかと思うと感動ですね。
イメージ 11
 
しばらく明日香村の風景を楽しんで丘を下り、次に向かったのは藤原京跡の遺跡です。
飛鳥川沿いの飛鳥自転車道を走っていきます。
イメージ 12
 
20分ほどで到着。
赤い柱は、都の外周を示す回廊にあった門の位置を示しているそうで、この向こうが天皇のいる内裏があったところだそうです。
初めて来たのですが、思っていたより大きな遺跡でした。
イメージ 3
しばらく広い野原のような遺跡をぶらぶらした後、次は近鉄八木駅近くの古い街並みを保存している今井町に向かいました。
イメージ 4
 
時刻も3時を過ぎ気温が結構下がってきました。
古い家をそのまま改装た「古伊」という古民家カフェでティータイム。
イメージ 7
 
イメージ 5
 
温かいコーヒーと手作りのわらび餅をいただきました。
イメージ 6
 
しばらくここでまったりしたあと、もう少し古い家並みを楽しんで車をデポした駐車場に戻りました。
 
それほどたくさんの紅葉を楽しめたというわけではありませんが、まあ、のんびり流れる時間の中に身を置くことができ、気分もスッキリといったところでしょうか。
走行距離も25kmほど、のんびりしたひと時を楽しめた一日でした。
 
 

フロントバッグを仕入れました。
お馴染みの犬印のフロントバッグです。
 
今まで使っていたブリヂストンのが少し傷んできたのと、キャンピング用のサイドバッグと色が揃っているので少しでも長く持たせられるように使用頻度を減らすため新しく買ったというわけです。
 
実は犬印のフロントバッグ、以前にも買ったことがあるんですが、大を買ったところ私の自転車には大きすぎて結局使わないまま知り合いのところにお嫁に行ってしまいました。
 
今回は間違わないように小を注文。
待つこと1月半ほどで送られてきました。
 
スポルティーフにつけてみます。
イメージ 1
 
まあ、こんなもんでしょ。
イメージ 2
 
モノグラムも目立たない程度に入れてみました。
イメージ 3
 
 
でも、ちょっと問題が。
バッグサポーターがないのでハンドルバーに取り付けると、取り付けベルトがこの状態で
イメージ 4
 
バッグの底部分はこうなんです。
イメージ 5
工具袋などの荷物を入れてもこの状態。
やっぱりバッグサポータがいりますかね?
 
作るの、大変だしなー。

↑このページのトップヘ