昨日、2カ月ぶりに走りに出かけてきました。
 
本当は先週に出かける計画をしていたところなんですが、あいにくの雨で中止になり、改めて仕切り直しでマイミクさんたちを誘っていこうと思っていたんです。
でも、仕事でバタバタしていたり、父の病院の付き添いなんかがあって自分自身の予定がどうもうまく立てられない毎日が続きイライラが募るばかりでした。
 
で、今回も来週のつもりだったんですがそれも怪しいし、と言うことで前夜の夜9時ごろ突然思い立って思いきって出かけることにしました。
 
初めはソロで出かけることも考えたのですが、ダメ元で電話したところ夜遅い連絡にもかかわらず先週一緒に行く予定だったclickさんとnaka_aoさんが来て下さることになりました。
 
コースは2カ月ぶりのツーリングということも考慮して今まで出かけた高野山起点のコースで一番短いコースとしました。(下の地図をクリックするとルートラボにリンクします。)
イメージ 2
 
と言うことで24日(日)の朝、8時12分難波発の電車でclickさんとnaka_aoさんはなんばから、私は堺東から乗り込んで電車内で合流し高野山を目指しました。
 
極楽橋でケーブルに乗り換え一気に標高900m超まで登ってしまいます。
イメージ 1
 
高野山駅で自転車を組み立てて出発です。
イメージ 8
 
駅を出てしばらく走ると高野山の入口大門です。
イメージ 9
 
いつものようにここにある温度計を見ると21.7゚C、やっぱり別世界ですね。
イメージ 10
 
高野山の町を抜けたところから本日メインの上り、と言ってもきついのははじめの1km程であとはダラダラと登っておしまいです。
でも、2カ月ぶりの足には効きました。いつものようにラストで天狗木峠に到着。
イメージ 11
 
ここからもう少し登って本日最高点。ルートラボに寄ると標高1044m。
 
そして絶景です。今日はお天気がもうひとつですが、ここからの景色はいつ見てもほんとうにきれいです。
イメージ 12
 
その後はしばらく下りが続きます。
イメージ 13
 
ブレーキングの連続で手が痛くなってきたころ、道端に湧水を発見。
冷たくて気持ちがいい湧水、3人とも思い思いに顔を洗ったり頭に水をかけたりして一息です。
イメージ 14
一息ついたところで出発、さらに快調に下っていきます。
ところが実はこのとき気付いていなかったのですが、本来はこの湧水の手前の分岐を曲がらなければならなかったのです。
そうとも知らず野迫川村と五条市の境の看板が立っているところまで下ってはじめて行き過ぎてしまっていることに気づき、結局今下ってきたところをもう一度上るはめになってしまいました。
皆さんには本当に申し訳なかった次第です。
 
元の分岐まで戻り、気を取り直して小さな峠を目指します。
でも上りとなると同行の二人に全く付いていけません。
この2カ月、運動らしい運動もしていなかったのですが、やはり普段から身体を動かすように心掛けないとだめですね。
イメージ 15
 
3kmほどで小さな峠に到着。
頂上にはひなびたトンネルがありました。
イメージ 3
 
トンネルを抜け、下ったところに流れていた小川の堰堤に座って遅い昼食。
今回のコースには食事をとれるところが全くないので予め高野山のコンビニで買ってきた弁当で昼食です。
コンビニ弁当でもこういったきれいなところで食べると美味しいものですね。
イメージ 4
 
簡単な昼食、そうそうに食べ終えて出発します。
ここからは川沿いの緩やかな登りが続きます。
富貴という村にあった成金というバス停。どちらも面白い名前ですね。
イメージ 5
 
この村のはずれで登りも終わり。
最後は豪快なダウンヒルを下っておしまいです。
 
道の横には目がくらむような景色が広がります。
イメージ 6
 
延々と続く下り。勾配も緩いので気持ちよく下っていくことができます。
イメージ 7
 
標高差500m、距離10kmのダウンヒルを楽しんだのち紀ノ川沿いをしばらく走って橋本駅に到着。
ビールで乾杯し、電車の人となりました。
 
突然思い立っての高野山ツーリングでしたが、いつものように高所の涼しさを十分味わえる一日でした。
夏はやっぱり高いところですね。
まだまだ暑い日は続きますので、この夏も何度か出かけたいと思っています。
ご一緒いただける方がおられましたらよろしくです。