2010年11月

11月も終わりに近づきそろそろ繁忙期に入ってきました。
事務所が自宅近くにある関係で夕食を食べに家に帰るものの、夕食後は再び事務所に戻って仕事。
そんな日が続いています。
 
そんな仕事の中で今日(正確には昨日)は得意先の催し物に使う印刷物を配達に神戸に行ってきました。
配達は昼前後なんですが、催し物は夜7時から。
その催し物にも参加なので夕方5時ごろまでは時間をつぶさねばなりません。
 
どうして時間をつぶそうかと考えていたところ、気がつくと車にはいつの間にかスポルティーフが乗っかっていました。
 
12時過ぎに神戸三宮に無事配達を終え、その後まずは中華街で昼食です。
さすが観光地、沢山の人出です。
イメージ 1
 
その後はJR高取駅近くの駐車場に車をデポしここから走ることにしました。
まず尋ねたのは須磨海浜公園です。
ここは須磨海水浴場を中心に水族館等の施設を備えて整備した大きな公園です。
夏なら浜辺にはビキニの若い女の子であふれているのでしょうが今は静かなものです。
イメージ 2
 
次は少し山手の方に向かい須磨寺を訪ねました。
ここのお寺は西暦800年代後半から続く古いお寺で、その昔近くの福原に都をおいた平家にもゆかりがあるようで平清盛が寄進した鼓や平敦盛の甲冑などが展示されています。
本物なら実に900年以上前のものと言うことです。
まずは山門、小さいですが入口の両側には阿吽の像が置かれています。
イメージ 6
 
山門をくぐると参道には綺麗なモミジが
イメージ 7
 
 
イメージ 8さらに進むと三重塔をバッグに美しくモミジが色づいていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
次に訪ねたのは須磨離宮公園。
ここは明治後期から大正にかけて皇室の別荘として整備されたところです。
今は、神戸市に下賜され、中は公園、植物園になっています。
入口に自転車を置いて坂道を上って行くと広い噴水のある広場に出ます。
イメージ 9
高台にある公園で見晴らしが大変よく、噴水の向こうは海まで見渡すことができます。
 
まるでベルサイユ宮殿(写真でしか見たことはないですが)のように噴水の周りには色とりどりのバラが植えられており、訪れた人の目を楽しませてくれます。
イメージ 10イメージ 11イメージ 3イメージ 4イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
須磨離宮公園を一通り見て回った後は板宿に移動してコンフォート□でお茶をして再び夜の部に出るため三宮に戻りました。
 
ほんのちょっとした時間でも走りたくなってしまう。
もう、ほとんど病気ですね。
でも、気持ち良い時間を過ごすことができました。

来週行われるシクロジャンブルに出店するfullyさんの商品発掘に行ってきました。
今回はclickさんが同行していただいたのですが、その知識はすごいです。
私の知っている年代とは10年後以降のパーツに対する知識、話を聞いている私は横でポカーンと
聞いているだけでした。
 
そんな訳で今まででは見過ごしていながら実は高価だったなんてものも発見できた発掘作業でした。
 
そして今回、fully邸を訪問したのにはもう一つ訳があるのですが、実は以前からお願いしていたこの自転車を借りてくることです。
イメージ 1
 
イメージ 2
 
購入されて数キロしか乗られないまま10年以上物置に放置され、その間に積もった埃、汚れ、錆と相当なダメージを受けた状態です。
 
syokora工房店主の私もこれから繁忙期に入って夜の作業ができなくなるため、それほど捗らないでしょうが、ぼちぼちとオーバーホールをして来春には淡路島の海岸ロードを気持ちよく走れたらななんて考えています。
 
fully先輩、しばらくの間楽しませていただきます。
 

昨日、今日と大阪南港のインテックス大阪ではサイクルモードが行われています。
例年ならサイクルモードの日はOB会のメンバーで集まって見学し、その後忘年会と言う流れなんですが、今年は皆さんお忙しいようで結局メンバーが集まらず、忘年会には少し早いこともあって私一人で土曜日に覗きに行った次第です。
 
と言うことでサイクルモード用に予定を入れていなかった今日14日は家内と京都の北山に紅葉見学に出かけてきました。
 
いつものように最寄りの地下鉄玉出駅より地下鉄、京阪電車、叡山鉄道と乗りついて鞍馬駅まで輪行する事にします。
叡山鉄道に乗るのは実に30年ぶりです。
出町柳駅で京阪から叡山鉄道に乗り換えますが、2両編成の小さな電車。
駅を出てしばらく走りると色づいた山が見えてきます。
市原駅と二ノ瀬駅の間では通称「もみじのトンネル」という、それは見事に紅葉した木々の間を電車が進んでいきます。
イメージ 1
 
イメージ 2
 
運よく電車の最前列に陣取ることができたので、素晴らしい光景を目にすることができました。
列車も乗客の為にこの区間はゆっくりとスピードを落として走ってくれています。
 
イメージ 1230分ほどで鞍馬駅に到着。
早速自転車を組み立てて駅前にある大きな天狗の面のところで記念撮影です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まずは鞍馬寺に向かいます。
門前の木もきれいに紅葉しています。
イメージ 13
 
お寺には上がらず次は貴船神社を目指します。
 
走って行く道の前方、両側、頭の上と色づいた木々が目を楽しませてくれます。イメージ 14
 
イメージ 15
 
イメージ 16貴船口から10分ほど道を上ると貴船神社です。
 
境内の中に入って行きたかったのですが自転車を止めておけるところがなく、人もたくさんだったので早々に退散しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3叡山電鉄はで宝ヶ池を過ぎたあたりからずっと上りで鞍馬駅までやってきます。
と言うことは、反対に鞍馬からはずっと下りと言うこと。
綺麗な紅葉の中、気持ちよく下りを楽しませてもらいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先ほど電車で通った紅葉のトンネル付近。
下から見上げると鉄橋の緑と色のコントラストが面白いですね。
イメージ 4
 
イメージ 5次に訪ねたのは修学院にある鷺森神社。
さすがに京都の市街地までおりてくると、紅葉の方はまだ少し早いようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
市街地では紅葉はまだなようなので紅葉見学はこれで終わり。
この後は三条にある「レストアの森」と言うサイクルカフェに向かいます。
 
イメージ 6このカフェ、三条通りを河原町から少し西に入ったところにあるビルの2階にあるのですが、店中にはビンテージな自転車やフレームがたくさん置かれています。
イメージ 7
 
もちろん売り物で値札が付いているのですが、そのどれもが***なお値段。
さすがにちょっと寄った時に買っておこうとはいきませんでした。
でも、紅葉と同じく目の保養にはなりましたね。
イメージ 8イメージ 9
イメージ 10イメージ 11
イメージ 17
イメージ 20
イメージ 21イメージ 22
 
自転車を眺めて回った後、しばらくゆっくりお茶を飲んでいると時刻は既に5時前です。
そろそろ帰らなくてはなりません。
帰りがけに坂本竜馬ゆかりの地が近くにあったので周って帰ることにしました。
 
イメージ 18池田屋騒動があった池田屋跡。
今は居酒屋になっていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19
海援隊の事務所があった酢屋。
今はギャラリーになっています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
土佐藩邸跡や坂本竜馬が暗殺された近江屋跡も行ってみたのですが、今は石碑が建っているだけで学校になっていたり(その学校もどうやら廃校?)、コンビニだったりでちょっと残念でした。
毎週見ている大河ドラマの影響なんですが、当時このあたりを坂本竜馬や中岡慎太郎たちが走りまわっていたことを思うと年甲斐もなくミーハーな気分になってしまいましたね。
 
このあと、ここから近い四条河原町駅にむかい、帰りは阪急電車で輪行することに。
うまく特急に乗ることもでき、行きの京阪ほど車内も混んでいなくてスムーズに帰ることができました。
 
街中ではまだ少し早いようでしたが鞍馬や貴船では素晴らしい紅葉を楽しむことができました。
なかなか良い休日、満足、満足。 

↑このページのトップヘ