2010年06月

いよいよ近畿も梅雨に入りました。
先週はずっと雨が続いており、うっとおしく蒸し暑い毎日です。
そんな梅雨時、ほんの雨の止み間を狙ってお手軽ツーリングに出かけてきました。
場所は北摂(大阪府北部)、日本海に出かける際などには通るところなんですが、じっくり回ってみると緑も多くなかなか良い気分になれるところなんですね。
今回同行頂いたのは最近お知り合いになり、私と同じく数十年ぶりに自転車復活されたろっじさんです。
 
まずは大阪市内で待ち合わせをし、私の車で北摂の一庫ダム駐車場へ。
ここに車をデポし、このあたりをぐるっと回ってくるのが今日のコースです。
 
ろっじさんの自転車、フォルテのライトツーリズム。
田川サイクルという大阪ではちょっと名の通ったショップのオリジナルブランドの自転車です。
わかる人にはわかる相当こった年代物のランドナーなんですね。
イメージ 1
 
私も今日はろっじさんに合わせてランドナーで参戦です。
イメージ 2
 
一庫を出発し、日生中央駅前を通って西進し、猪名川を越えたところから北へ針路を取って西峠を目指します。
 
道の駅「いながわ」を越えたところから歴史街道なる遊歩道が。
車も入ってこず、とても気持ちよく走ることのできる道です。
イメージ 8
 
途中通りがかった洞泉寺というお寺。
イメージ 9
 
沙羅双樹の花が咲くお寺だそうですが、そんな都合よく咲いている訳ないですよね。
代わりにとっても人懐こいワンちゃんがいました。
イメージ 10
 
洞泉寺を過ぎると本日一つ目の峠、西峠に向かって少し勾配がきつくなってきます。
気温は23度、思ったほど蒸し暑さは感じず心配された雨も降ってこないでまずまずといったところです。
イメージ 11
 
ほどなく西峠に到着。ところがここの峠には峠を示すものは何もありません。
ただ一つある市境を示す看板の前で記念撮影して出発しました。
イメージ 12
 
少し下ったところにある「丹波猪村」でお昼です。
イメージ 13
 
メニューはやはりざる蕎麦、暑いときの定番ですね。
イメージ 14
 
お店の前には子猿が繋がれていました。
本来なら山の中を自由に走りまわるのでしょうが繋がれていてどこか寂しそう。
苦労せずに食べるものが手に入るとはいえ、これはちょっとかわいそうですよね。
イメージ 15
 
子猿に後ろ髪ひかれる思いを残し出発、少し下ったところで右折して篭坊温泉に向かいます。
ここは大阪の秘湯、もちろん歓楽街などなく山の中の川沿いに数件の温泉宿があるだけです。
のんびりお湯につかりに来るのもよいかもしれません。
イメージ 3
 
道はのぼりなのですが、勾配も大したことはなくだらだら続くばかりです。
2人並んでおしゃべりしながらのサイクリング、ゆったりした時間です。
こんなサイクリングもおじさんたちには良いですね。
 
それでも本日二つ目の峠「はらたがわ峠」の入口からは少しきつくなります。
ただ、それも1km程で頂上。あっけなく終わってしまいました。
 
ところがこの峠、そんなに簡単なのにとっても良い雰囲気なんです。
旧道と言うことで路面もそこそこ荒れており、まるで人里離れた信州の峠のようです。
イメージ 4
 
さあ、あとはひたすら下って車をデポした一庫ダムに戻るだけです。
途中、北摂の山並みを見渡せるところもありました。
イメージ 5
 
車の多い国道を離れ、ダム湖沿いの道を行くとこんな素敵なつり橋が。
イメージ 6
 
いつものようにこの赤い橋が見えるともう少しです。
イメージ 7
 
無事ダムサイト横の駐車場に戻ってきて走行終了です。
 
今回のコースは以前に一度スポールティーフで走ったことのあるコースだったのですが、それほどきつい登りもなくお手軽で走れるコースなんですね。
それでいて自然いっぱい、気持ちの良い下りいっぱいで私としてはお勧めです。
まあ梅雨とはいえ、お天気もなんとか持ってくれて、気持ち良い一日でした。
ロッジさんとの自転車談義もとても楽しく、いつものメンバーとはまた違ったツーリングを味わうことができました。
やっぱり自転車は良いですね~。
さて、さて次はどこに行こうかな。。。。

今日、明日は次女の試合が門真のなみはやドームであるためそれにお付き合いです。
このお付き合いで2日とも午前中はつぶれてしまうので、この土日はおとなしく家でレスオア中のプロムナードのフレームでもいじっていようかなと思っていたのです。
ところが今日のとっても良いお天気。おまけに明日は雨との天気予報。
やはり家でじっとはしておられず、午後からちょっとポタリングに出かけてきました。
 
場所は泉南の海沿いロード。
家から出発だと片道50km近くになってしまい、一日がかりのツーリングになってしまうのでりんくうタウンの少し先まで車で自転車を運んでそこから走ることにしました。
午後1時過ぎに家を出発、40分程走ったところにあるサザンピア・マーブルビーチの駐車場に車をデポして出発しました。
イメージ 1
 
車の多い旧国道を避け集落の中の道を選んで走っていきます。
樽井、尾崎、鳥取ノ庄、箱作と南海本線に沿って走って行き、淡輪にある「せんなん里海公園」に着きました。
ここはビーチに沿った地域を公園として整備されたとってもきれいなところです。
南北に長さも結構ありブラブラ海沿いを走るのにはとっても良いところです。
イメージ 2
 
潮騒ビバレー
ビーチバレーの競技場、箱作ってビーチバレーの国際大会なんかが行われることで有名ですね。
イメージ 7
 
会場内はこんな感じ、観客席付きのビーチバレー競技場です。
イメージ 8
 
すぐ裏のビーチにもコートが設けられています。まさにビーチバレーのメッカですね。
イメージ 9
 
潮騒ビバレーを過ぎて公園の端まで来ると大きなマリーナがあります。
イメージ 10
 
公園はここまで。
次に現れた淡輪漁港、今日は結構風が強く、それも南に向かって向かい風なのでなかなかスピードが上がってくれません。船の旗も激しくたなびいています。
イメージ 11
 
出来るだけ海沿いの道を選んで走ってきたのですが、岬公園遊園地の裏あたりで残念ながら通行止めです。
なんでもがけ崩れで道がふさがれているとのこと。
ムリして柵を越えていこうかとも思ったのですが、まあそこまですることもないのでやめておきました。
イメージ 12
 
深日港まで来たところで時刻は3時を廻りました。
このあたりで引き返すことに。
実はこの港は昔、淡路島の洲本と結ぶフェリーが発着していたんですね。
友人と初めてサイクリングキャンプに出かけた帰りにフェリーでここに着いたことを思い出しました。
今は、フェリーが発着したことを示すものはターミナルを含め何もありません。
さみしいですね。
イメージ 13
 
岬公園まで戻ったところで小腹がすいたので少し休憩です。
このマクドナルドも随分前からあったような気がするのですが6月いっぱいで閉店だそうです。
イメージ 14
 
帰りもできるだけ海沿いの道を通って帰ることにしました。
イメージ 3
 
狭い海沿いの道、時にはこんなところも。
イメージ 4
 
デポ地近くまで戻ったところで行きに見つけていた造り酒屋へ寄りました。
泉南のこんなところに造り酒屋があるのは知りませんでしたね。
浪花政宗というそうで、建物は重要有形文化財に指定されている古い建物でした。
イメージ 5
 
イメージ 6
ツーリング中にこのようなのを見つける、ちょっと得した気分になれますね。
お土産に日本酒を1本買い求めました。
 
 4時半ごろ出発地に帰ってきてポタリング終了です。
私の住んでいる大阪市内では、海岸と言っても全てが人工物の塊で、気持ち良い風景とはいきません。
でも車で4・50分走ればこんな素敵なところをサイクリング出来るのですね。
これから暑くなるとちょっとつらくなるでしょうが、まあ時々息抜きにこんなところを走ってみるのもよいかもしれないですね。
 
 
 

瀕死の状態でsyokora工房に入院していたユーレーの「ジュビリーツーリング」Rディレイラーですが
ボルトのメッキも上がってきてようやくレストアが完了しました。
 
完成したジュビリーツーリング、こんな感じに仕上がりました。
 
before
イメージ 7
 
after
イメージ 1
 
 
before
イメージ 8
 
after
イメージ 2
 
 
before
イメージ 9
 
after
イメージ 3
 
 
before
イメージ 10
 
after(ofはやまくん、バッジよろしく)
イメージ 4
 
ボルト類も
before
イメージ 11
 
after 
イメージ 5
 
 
before
イメージ 12
 
after
イメージ 6
 
 
写真でもわかるように、プーリーに関してはもうどうにもならないような状態でしたが、幸いにも先日ディレイラーを譲っていただいたNさんから、これも新品のものを譲っていただきました。
Nさん重ねがさねありがとうございました。
 
生産中止どころか作っていたメーカーすらなくなってしまった今日、2度と手に入れることのできないかもしれないパーツ達です。
本当に大切に使わないといけないですよね。
ね、K先輩。
 
ということで、これをネタに次は3台目のランドナーかな。。。

↑このページのトップヘ